こちらに非のない状態でぶつけられたりして、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

ただ、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

それはケースバイケースとしか言いようがありません。それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすれば支払い対象外とすることがほとんどだと思います。

やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。車の買取りをお願いする場合、平均的にはどのくらいて売れるものなのか知りたいと思う時もあるでしょう。

そんな時、大体の金額は手に入れることができるのでしょうか。結論をいってしまえば、相場は分かるものです。

ただ、本当にかかる下取り価格とは少し違ってくると思ってください。買い取られるのがいつか、によっても変わりますし、個々の自動車の状況にもよるので、必ず、相場の価格で買い取りされるわけではありません。売却予定の中古車の査定額が低下する原因には何点かありますが、最も大きな査定低下の要因は、その車に修理歴があることです。

ケースによっては0円にまで下がってしまう時もあるのです。

そうは言っても、事故などで修理してしまうと絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。

査定士や営業マンの話す内容を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、売買相場よりも買い叩かれることもあります。

実際の査定の前に適正な査定金額が幾らぐらいになるかを調査しておき、下調べした金額よりも安く言われたときに自分の方から駆け引きするつもりでいると饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。車の売却にあたっては、業者が重視する査定ポイントを押さえておくことをお勧めします。具体的には走行距離、排気量、車の年式や、車検までの期間がポイントです。その他にも車体に傷が無いのか、車内の状態なども重要なポイントです。

意外と盲点なのが、時期や季節です。

新車種の発売前やモデルチェンジ前などには普段より高く買い取ってくれるそうです。

高く売りたいと考えている方は、こうした市場のタイミングを見計らい、いくつかの業者の査定を受けて比較検討することや、車内掃除や洗車などで綺麗にしておく事が満足度の高い売却への近道ですね。

同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている車でも要件さえ整えば売却できます。売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、こうした書類を揃えることは不可能ですから、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合はかなり手間がかかると考えて間違いありません。車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは中古車買取業者の査定士によってしっかり確認されます。

誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、舗装の巻き上げ等でつく小傷などは「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理代のほうが査定額のプラス分を上回り、トクをするケースはまずないと考えて良いでしょう。

修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

車の売却査定時にはスタッドレスタイヤの有無すら特にプラスな要素ではないようです。

それならいっそ、タイヤショップやオークションで処分するほうが値段がつく分、利益になるということになりますね。

もっとも、雪が多い地域の場合はスタッドレスは欠かせないものですから、つけておいたほうがプラスになるでしょう。本来のホイールから他メーカーのものに交換している時は、業者による査定が行われる以前に、できれば純正品に戻しておきたいものです。

業者による査定では普通、他メーカーよりは純正の方が査定はプラスされる傾向があるからです。良い状態をキープできるよう、出来れば屋内に大事に保管しておくと良いです。

良好な状態を維持している他メーカー製ホイールはフリマアプリなどで高値売却できるときもあるので、取り外し時の扱いには注意が必要です。

所有者の違う車を売る際には、手続き、必要書類はどうすればよいのでしょうか。

一般的には車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などの書類を使います。

さらに所有者の同意書、委任状、譲渡証明書などの書類も揃える必要が出てきます。

実際、自分の車を売る場合と比べると、少し面倒でしょう。